三井物産インシュアランス |総合保険代理店

お客様情報保護方針勧誘方針・反社対応方針・当社の権限

社員紹介/ 03

形のない商品に価値を見出す

個人・職域営業部

渡辺 麻衣

Mai Watanabe

私は、入社してから一貫して現在の個人・職域営業部にて業務を行っています。今迄携わった仕事は多岐に渡り、入社当初は部内全体の業務を理解する為に手続き書類及び既契約の更新書類の発送・作成された書類のチェック・フリーダイヤルで現在ではあらゆる新規案件に関する個人顧客対応のみならず企業と福利厚生制度の充実等へ向けて取り組む法人担当まで行っています。

学生時代、様々な人と接する経験を通し自分の価値を高めて行きたいという想いから、具体的な商品の無い業界を志望していました。 その中でも保険は時代によってどんどん新たなリスクが発生し、それに応じて新たな保険も生まれ、常に新しいことに挑戦できる分野ではないかと思っています。 また、総合商社の機関代理店ということで、商材も多種多様・携わる人も様々なタイプの人が居ることも魅力的でした。 最終的には、面接において面接官と自分を偽らず気持ちの良いコミュニケ―ションを取ることが出来たことが決め手となり入社を決めました。

初のプロジェクト遂行が大きな自信に

当社がM&Aにて商権譲渡を受けある会社の保険代理店機能を担うことになり、その担当としてプロジェクトを遂行したことが一番印象に残っています。

第一段階として、既に契約されている方を問題なく当社に移管するという状況において、先方が休眠会社となることから、必ず決まった日時までに契約を当社に移管を限られた時間で、担当として社内外の関係者を纏めながら進めること、また慣れない商権譲渡に必要な手続きについても一つずつ着実に行い、無事完了させることが出来ました。

お客様はグループ全体で既にある福利厚生制度をより魅力的なものにしたいという課題を持っており、第二段階として団体保険の設計や見せ方の考案、資材の作成、部内外の諸先輩にご協力を頂きつつ、最終的に全国50か所以上の拠点を訪問して説明会を実施し、プロジェクトを終えることが出来ました。初めての企業担当だったこともあり非常にハードなプロジェクトでしたが、やりきった時には大きな自信になりました。

保険のプロフェッショナル人材を目指して

入社してから、これまで一貫して現在の部署にて個人の保険を扱っている為、今後は他部署へのジョブローテーションを通じ新たな分野の経験を積みたいと考えています。 どの部署に属しても、仕事は「人」対「人」で行うものですので、個人・職域営業部で培った対人能力を武器に、保険のプロフェッショナルとしてより成長していきたいです。 10年後には出来れば全ての部署を経験して、どこにおいても戦力となれるような人材になることが目標です。 また、仕事だけではなくプライベートも大事にし、仕事と家庭を両立させ、女性が活躍できる好事例となりたいです。

当社は、若手であっても自分の意見を述べやすい雰囲気の会社です。社長とも距離が近く、積極的な姿勢は歓迎されます。早い段階から自分の仕事に対し責任感が芽生え、自己成長に繋がりやすい環境だと思います。 また、三井物産・三井物産グループ企業・保険会社をはじめとした社外と一緒に行うイベントも多いのですが、周りには社交的で面白い人が多い印象です。取り扱う商品の性質上、常に新しい知識を習得し、保険のプロとして対応する必要がありますので、知的好奇心、探求心が旺盛な方には最適な会社です。

様々な新しい取組みに挑戦することを恐れない方に、是非一緒に働いて欲しいと思います。